公共の職業案内をしてくれる施設を利用する

各都道府県には職業斡旋を行う公共の施設があり、その施設を利用すれば求人を探すことができます。基本的に求人を探す時はその施設内に設けられているパソコンを利用します。パソコンを使用する時は申し込みが必要ですからカウンターのスタッフに一声お声をかけてパソコンを貸してもらいます。基本的に職業斡旋をする公共施設のパソコンは求人のみ閲覧できるように設置されており、お住まいの都道府県の求人を中心に閲覧することも可能ですが、お住まいの都道府県だけでなく、斡旋所の中には周辺の都道府県や場所によっては全国の求人も閲覧することができる可能性があります。

基本的に斡旋してくれる施設では失業中の方でなくても利用することができます。例えば転職をする人の多くは在職中になりますが、在職中の方が利用してパソコンから求人を見つけることも可能です。そのため、就職を検討している人だけでなく転職希望者も利用することが可能です。

アドバイスを受けられる点もメリットの一つです。基本的に施設内には相談窓口が設置されているので、その窓口を利用してお仕事探しに関してアドバイスを頂くことも可能です。そのため、失業中の方や転職希望者の中には職業斡旋所を活用して活動している人も多いです。